肘にサポーターを着けていると黒ずみができやすくなります

肘にサポーターを着けていると黒ずみができやすくなります

関節炎の痛み緩和のために肘にサポーターを着けていたり、仕事の関係上サポーターを着けていると、いつの間にか黒ずみが生じている場合があります。そんな黒ずみの原因はメラニンです。なぜメラニンが生じているのかというと、サポーターによる擦れや群れが肌を刺激しているからです。人の肌は刺激を感じると防御反応を起こします。その一つがメラニン生成です。肌が刺激に弱く、敏感なほどメラニンは生成されやすく色素沈着を起こしやすくなります。その結果、黒ずみができてしまうのです。このような黒ずみを改善するには刺激を受けにくくしなければいけません。しかし、仕事や痛み緩和のためにサポーターを着けているのなら、外すということはなかなかできません。そこで有効なのが美白効果のある保湿ケアクリームです。まず保湿することで刺激を受けにくくし、肌内部に潤いを与えることにより刺激に弱い肌状態を改善します。さらに美白成分によりメラニン生成を抑制するため、黒ずみを次第に改善することができるのです。
このようにサポーターを着けていると黒ずみができやすくなりますが、保湿ケアをきちんとすることで改善することはできます。予防のためにも普段から保湿ケアをすることをおすすめします。