肘の黒ずみケアは?黒ずみの原因と解消

肘の黒ずみケアは?黒ずみの原因と解消

肘の黒ずみはなぜ生じる?その原因とは

女性にとって、肌の悩みは時に大きなトラブルとなりうるものです。できればきれいな肌でありたい、という望みは、多くの女性が抱えているものであると言えます。中でも肌のくすみや黒ずみは気になるところですが、黒ずみが気になる場所の代表的な部分として挙げられるものが「肘」です。気が付いたら黒ずんでいるというようなこの肘の黒ずみは、何が原因で生じているのでしょうか。原因として考えられているものにはいくつかの種類がありますが、主なものとして挙げられるものは摩擦や圧力など肌に対する刺激です。肘は元々、何かにぶつかりやすい場所の一つであり、こういった刺激が繰り返されることで、皮膚が厚くなり結果として黒ずみを生じさせていくと考えられています。また、肘は他の場所に比べて乾燥しやすく、肌へのダメージを負いやすいという特徴もあるため、この意味でもスキンケアが重要な部位であるということが言えます。黒ずみを防ぎ、肌の悩みから解放されるためには、普段の生活においてのスキンケアを意識して、少しでも肌へのダメージを避けるための取り組みを続けていく必要があると言えるでしょう。普段の何気ない習慣が肌にダメージを与えていることもあるため、まずは自分の生活習慣を見直すことが第一であるとも言えるかもしれません。

肘」の黒ずみの解消には念入りなケアとたっぷりの保湿が効果的

肘は皮脂の分泌が少なく、また水分量も少ない部分のため乾燥しやすく
カサカサになり黒ずみができやすいです。
出来てしまった黒ずみを解消するには、まず、カサカサして固くなってしまった肘の皮膚を
お風呂に入って柔らかくしましょう。
柔らかくなったら、念入りにマッサージしましょう。
身体を洗う時には、十分な注意が必要です。
乾燥しやすい部分ですので、必要以上にゴシゴシ洗うのは禁物です。
洗う時もナイロン素材の物で洗うのではなく、肌に優しい素材の物で優しく
洗いましょう。
角質取りは1週間に1回ぐらいがオススメです。
それ以上角質取りをしてしまうと肌が傷んでしまい、逆に角質が厚くなってしまいます。
肘は乾燥しやすい部分ですので、保湿も大切です。
お風呂上りには、ボディーローションやクリームをたっぷり塗って保湿してあげましょう。
その際、ラップなどを巻いてボディーローションやクリームを浸透させてあげると
より効果的です。
このように、肘の黒ずみを解消するには、念入りなケアを気長に行いながら

たっぷりのローションなどで保湿してあげることが必要です。
これからの季節、目につきやすい部分ですので黒ずみを解消して、綺麗な肘を
手に入れましょう。

肘の黒ずみにクリームで対策

夏になると半袖を着ることも多くなり、肘の黒ずみが気になる方も多いのではないでしょうか。この黒ずみはこすって落とすことはできません。
そもそも肘の黒ずみは、摩擦や圧力といった肘への刺激が大きな理由になります。肘は日常生活で曲げ伸ばしをする回数が多く、服とこすれる・モノに当たる・頬杖をつくなど、様々な刺激を受けています。この刺激の蓄積によって、皮膚が肘を守ろうと角質が厚くなります。これによって、皮膚が硬くなり黒ずみの原因となります。さらに、皮膚は刺激を受けると自らを守る仕組みとして、メラミン色素を生成するという働きを持ちます。過剰に生成されたメラミン色素が肘にたまり、色素沈着を起こして黒ずみの原因になります。
そこで以下のような対策をあげます。まずは「入浴」です。入浴によって新陳代謝を活性化し、固くなった肌のターンオーバーをはかりましょう。入浴後は肌が乾燥する前に、クリームでやさしくマッサージをします。クリームは角質ケア用のものや、美白成分が含まれているものがオススメです。クリームでマッサージすることによって、刺激で固く乾燥した肘の皮膚を保湿し、美白成分で沈着したメラミン色素を除去することができます。

 

膝の黒ずみのケアにクリームを使いたいと言う方はこちらの肘の黒ずみケアクリームをみてみてはどうでしょうか。